ひまそうじん

総人の俗称

ひまそうじんとは、京都大学総合人間学部の俗称です。

全学部に俗称

京都大学では、各学部に俗称が付けられています。 暇総人、あそ文学部、阿呆学部、発狂育、パラ経、無理学部、男学部、無能学部、怪し医学部、脇役学部、となっています。

単位の自由度が高い

京都大学は、単位取得がしやすく、卒業しやすい、と言われています。 中でも総人は、単位の自由度が高いため、ひまそうじんと呼ばれています。

1. 一般教養科目について
さすがに語学は必修ですが、その他は自由です。 人文科学社会科学、自然科学といった区別(他学部でのA群B群)はありません。 自分の好きな分野を重点的にとる、あるいは様々な分野の授業に出る、など、自由度が高いです。

2. 他学部科目について
総人提供の講義、実験、ゼミで単位を揃える他、他学部の専門科目を受講することで卒業単位を揃えることができます(単位数に上限有。また聴講届提出が必要)。

上記2点から、総合人間学部では、自分の興味がある分野を中心に履修可能なことがわかります。 興味の幅が広い総人生には、単位を集めるのはたいして苦痛ではありません。 遊びまくるため、楽勝科目中心に単位を集める学生もいます。