副専攻

総人の最大の特色

広い視野を持った学生を育成することが目標の総合人間学部では、副専攻制度を採用しています。

副専攻制度とは

総合人間学部では、主専攻以外の分野について、ある程度系統的に履修することが求められます。 これを副専攻と呼びます。

副専攻制度は、主専攻と異なる分野の修得が目的のため、主専攻分野と近すぎる分野は認められないことがあります。学部便覧で調べるかクラス担任に確認するようにしてください。

計画的な履修が必要

総人生は、主専攻を履修しながら副専攻の履修が必要になります。 ゼミや実験等のコマ(時間割)が重なるケースも考えられます。

一回生二回生の間から計画的に履修しないと、4回生になって慌てて単位を揃えようとしても、物理的に不可能になるかもしれません。 総人生留年率が比較的高いのは、副専攻単位不足の人が結構いるからのようです。